最近、警察小説を読むのにハマッテいます。

警察小説とはどんなものかといえば、警察官、つまり刑事などが出てくる小説です。

ドラマでいえば、踊る捜査線とか、ハンチョウ、とか相棒などになりますね。

あとはストロベリーナイトとか。

そういうドラマも見るのはスキですが、小説もかなり、面白いです。定番では新宿鮫、大沢在昌。今は堂場瞬一の鳴沢了シリーズ。また、薬丸岳の「刑事のまなざし」これは短編集ですが、絶対外しません。

オススメします。

今は新宿鮫の最新作を読んでいます。

【送料無料】絆回廊 [ ...

【送料無料】絆回廊 [ …
価格:1,680円(税込、送料別)

「絆回廊」大沢在昌、これは新宿鮫シリーズⅩ(10作目)です。一応全部読んでます。キャリア刑事でありながら、一匹狼として、捜査していくという話です。だいたい、新宿という土地柄なのでしょうか、暴力団関係との話が軸になっています。でも、非常にリアリティがある内容でこのように、キャリア刑事とか警察庁とか所轄とか捜査~課とか、そんな用語を知ったり、キャリアと本庁と所轄との関係をリアルに描いた作品に出会ったのはこのシリーズが最初だったような気がします。この主人公もスーパーマン的な人物というわけではなく、頑固に自分の信念を貫いていく刑事です。そこに、恋人のロックミュージシャンや上司の桃井という人物がからんでいきます。新宿鮫は刑事もそうですが、犯人もまた、人間として、ただの悪者というわけではなく、

人間がよく描かれています。また、これを読むと、リアルタイムの新宿の暴力団の様子がよくわかります。ですから、最近の作品では外国の犯罪組織とのからみがよく描かれています。麻薬ビジネスの関係でしょうか?今回は中国とのからみです。新宿鮫も読んで、損はありません。まだ読んでいないのであれば、10冊も読めるので、ラッキーですね。

鮫島、桃井の泣かせるセリフ

「警察官が危険を避けたら、それは警察官ではない」

今回も命をかけて事件に挑みます。必読です。

新宿鮫「絆回廊」を読み終わりました。たいへんなことになってます。

最後は泣けます。次回作が待たれます。