「犯人に告ぐ」雫井脩介 双葉文庫 上下
2004年の週刊文春のミステリーベストテンの一位、ミステリーシーンを席巻した警察小説の傑作。このようなことが、文庫本の裏表紙に書かれていて、また、闇に身を潜め続ける犯人。連続児童殺害事件の捜査は行き詰まり、神奈川県警は、現役捜査官をテレビニュースに出演させる。
と、いかにも面白そうな感じでしたので、文庫本の上下2巻でしたが、読みました。

冒頭では、「刑事を続けていると、自分が追っているはずの犯人に、ふと、そこはかとない恐怖心を抱くことがある。」
で始まります。
このセリフは誘拐事件で犯人を取り逃がし、人質の子供を殺された刑事のものです。
つまり、これを言ったのが警視の巻島史彦です。

その警視の 巻島史彦が、彼がこの小説の主人公なのです。彼が誘拐事件の指揮を執るのですが、失敗し、誘拐された子供が殺されてしまいます。
それも、彼の失敗というわけではなく、デキの悪い上司のせいという感じです。
警察の上下関係の中で、最近はテレビの相棒の影響なのか、警察のたて社会の中で、下の者が苦労するという設定がよくあります。まあ、ここでは、相棒というよりも、踊る捜査線の室井管理官のような感じで失敗の責任を取らされるというイメージでしょうか。

そして、それが原因で左遷させられるのですが、それから6年後連続児童殺害事件が起こります。犯人は誘拐事件とは全く違います。そんな中、捜査が行き詰まり、犯人のてがかりが得られないので、テレビを利用して、犯人から手紙を送らせて、それを事件解決の糸口にしようと警察の上層部は考えます。

そこで、呼び戻されたのが巻島警視です。

今までにない、捜査の展開で期待させられます。これ以上はネタばれになりますので、書きません。

面白いといえば、面白いのですが、途中から、犯人対警察というよりも、内部の人間の情報リークに話がいってしまったのが、自分としてはちょっと残念でした。

でも、上下2巻でしたが、一気に読んでしまったので、時間つぶしにはよかったのではないかと思います。

巻島史彦 神奈川県警の警視
いずみ 娘 21歳 
園子 妻

本田昭広 特殊犯係 係長
藤原 捜査一課長
曾根要介 刑事部長 46歳 東大キャリア  
家森 刑事総務課長
三船 警視庁 課長
森下 警視庁 部長
秋本 神奈川 
後藤管理官 警視庁
小坂井 新宿署署長

ワシ 犯人

桜川志津雄 60過ぎ イッパツヤ社長 
健児 孫 誘拐される
麻美 娘
夕起也 息子