警察小説の記事一覧

「ブルーマーダー」誉田哲也
序章山口光弘 浦田義彦 振り込め詐欺のメンバー

覚醒剤で逮捕歴のある鉄筋工事関係の社長らしきオヤジ ヤミ金に借金あり。 

オヤジに仕事を手伝ってくれたら500万の借金をなくしてやると言う190cmくらいの男

第1章
姫川玲子 ドラマでは竹内結子 (ストロベリーナイトのシリーズの主人公)33才
     池袋署刑事課強行犯捜査係担当係長
     (映画の中で捜査一課から姫川班のメンバーはバラバラにされた)

井岡博満 ドラマでは 生瀬勝久 三鷹署の刑事組織犯罪対策課 強行犯捜査係

國奥定之助 監察医 ドラマでは津川雅彦

大迫隆也警部補 現在の姫川の上司 

河村丈治 死体 庭田組組長

広田 元暴力団員 下井が足を洗わせる 今は建設会社

下井正文 警部補 中野警察署刑組課担当係長 56才
新沼 統括係長
伊吹 管理官

菊田和男 千住署 ドラマでは西島秀俊
梓  菊田の妻 刑事  高輪署

岩渕時生 指名手配の犯人 護送車両から逃走 菊田が追う

第2章マサ 序章に出てきた男の名前。
工場のオヤジさんに武器を作らせ、高利貸し屋に殴りこみ、2人を殺害、他のヤクザを武器でボコボコにして、借用証書などを奪う。痛快なキャラの男。

イイジマタカユキ 半グレ 撲殺

平間敏郎 本富士署 下井の元上司 今は課長

木野 下井が諸田組に送り込んだスパイ 7年間行方不明 

第3章

ブルーマーダー 青いマスクをした殺人者のこと。元警官の木野一政

  

警察小説

映画にもなりました東野圭吾の小説です。映画、テレビでも加賀刑事は阿部寛が演じています。加賀恭一郎はシリーズになっていて、事件の裏にある人間の哀愁、家族のきずな、すれ違いといったようなものを加賀が見抜いて、掘り下げていくといった感じの小説です。

なぞときがそれに付随してくるといった感じでしょうか。今回の小説もあるサラリーマンが刺殺されますが、瀕死の状態でありながら、日本橋の麒麟の像まで体をひきずって、そこで死んでいる。そこから事件が始まります。

単なる物取りの事件か?というのを、加賀がこの事件に裏にある事実をさぐっていくという内容になっています。

面白さでは外しませんので、是非お読み下さい。

麒麟の翼 東野圭吾
加賀恭一郎 刑事   日本橋署
金森登紀子 看護士 加賀の父親の看護をしていて、法事など何かと加賀のことを気づかう
加賀隆正 恭一郎の父 死んでいる。

松宮脩平 刑事 警視庁捜査一課本庁 加賀の従兄
小林 主任 警視庁捜査一課

安田巡査 最初に被害者を目撃していた。
石垣 係長 警視庁捜査一課

藤江 所轄 40過ぎ、係長

青柳武明 被害者 55歳「カネセキ金属」製造本部長 建築部品メーカー勤務
史子 被害者の妻
悠人 被害者の息子
遥香 被害者の娘

中原香織 被疑者の恋人
八島冬樹 被疑者 26歳 警官からの職務質問から逃げ出し、トラックにひかれ意識不明  被害者のバッグを所持していた

坂上 証拠担当者
長瀬 地取り捜査

山岡       「カネセキ金属」製造二課長
小野田      製造二課第一班長 八島の上司
小竹芳信 工場長
横田 従業員

真田 高校の担任
杉野 高校時代の悠人の友人
糸川 中学時代の水泳部の顧問
黒沢 中学時代の友人

吉永友之 中学時代のプール事故でいまだに意識不明
青柳、杉野、吉永、黒沢 中学時代の水泳部でリレーのメンバー

警察小説

現在は「疑心」今野敏、「天使のナイフ」薬丸岳を同時に読む感じになってます。自宅で「疑心」職場で「天使のナイフ」です。

今後、読む予定としてはいろいろな本がありますが、もし、どんな本がオススメですか?と聞かれたときのために何冊が紹介しておきます。

本屋、図書館等でどんな本を読もうかなと思ったときに参考にしていただければ、幸いです。私のまだ読んでいないので、もし、読まれた方がいらっしゃいましたら、ネタバレしないように面白かったかどうかだけ教えてくだい。

五十嵐貴久「交渉人」

大沢在昌「氷の森」「アルバイト探偵」「北の狩人」「らんぼう」

太田忠司「刑事失格」

北方謙三「けものの犬」「傷痕」

黒川博行「海の稜線」「ドアの向こうに」「悪果」

今野敏「ST警視庁科学捜査班 緑の調査ファイル」

佐々木譲「笑う警官」「警官の血」

笹本稜平「駐在刑事」「挑発越境捜査2」「素行調査官」

佐竹一彦「新任警部補」

柴田よしき「RIKO」

島田一男「紅の捜査線」「科学捜査官」「白と黒の谷間」

曽根圭介「沈底魚」

真保裕一「密告」

高村薫「照柿」

戸梶圭太「見当たり捜査官」

堂場瞬一「鳴沢了シリーズ第2巻~最後まで」

永瀬隼介「完黙」

乃南アサ「凍える牙」

東野圭吾「眠りの森」

日明恩「それでも、警官は微笑う」

樋口有介「刑事さん、さようなら」

久間十義「刑事たちの夏」

藤原審爾「新宿警察」「よるべなき男の仕事 殺し」「拳銃の詩」

誉田哲也「ジウ」「インビジブルレイン」

結城昌治「裏切りの明日」「あるフィルムの背景」「ひげのある男たち」

矢作俊彦「リンゴォキッドの休日」

横山秀夫「陰の季節」

とりあえずこんな感じですか。これだけでも、かなり暇をつぶせそうですが、まだ他にもありますので、また追加しておきます。

警察小説

警察小説は面白いです。普通の仕事では殺人や暴力などはあまり日常的にはないですからね。そういう、劇的に人生を変えてしまう出来事を日常的に経験する警察は小説にしやすいのでしょうかね。

今は「疑心」今野敏を読み始めました。これは、「隠蔽捜査」「果断」に続く第3作目です。

竜崎伸也というキャリア警察官が左遷されて、今は大森警察署の署長になって、そこでの活躍を描いていくんではないかと思われます。

話はかわりますが、本だけではなく、実はテレビでの警察物もよく見ます。

たとえば、「相棒」「浅見光彦シリーズ」これは、TBS、フジテレビの両方見ます。TBSは沢村一樹がこの前の放送で終了しましたね。

次回はもこみちですね。フジは中村俊介ですね。フジの中村俊介の方が真面目さを前面に出している感じが強いですかね。

あと定番の踊る捜査線ですね。西村京太郎シリーズ、片岡鶴太郎の終着駅シリーズ、京都地検の女、あとは沢口靖子の科捜研の女、それから、2時間もののサスペンスもとりあえず、録画してしまいます。

こう考えていきますと、日本人は警察物が本、テレビ、映画でスキですね。ちなみに先日はこれは警察物ではないですが、海猿を見てきました。映画のやつですね。いつも展開は同じですが、かなり感動します。泣けます。

今日は本以外の話になってしまいましたが、結局、テレビや映画などが見れない状況では本でも読んで、暇を潰していくという感じですかね。実際に、本を読むと警察官の方というのは、忙しいですよね。自分などは、仕事がいやだなと思うときは、警察官のことを思い起こして、まだ自分の方が楽だなと考えてがんばっています。警察官の方、ごめんなさい。

警察小説

最近、警察小説を読むのにハマッテいます。

警察小説とはどんなものかといえば、警察官、つまり刑事などが出てくる小説です。

ドラマでいえば、踊る捜査線とか、ハンチョウ、とか相棒などになりますね。

あとはストロベリーナイトとか。

そういうドラマも見るのはスキですが、小説もかなり、面白いです。定番では新宿鮫、大沢在昌。今は堂場瞬一の鳴沢了シリーズ。また、薬丸岳の「刑事のまなざし」これは短編集ですが、絶対外しません。

オススメします。

今は新宿鮫の最新作を読んでいます。

【送料無料】絆回廊 [ ...

【送料無料】絆回廊 [ …
価格:1,680円(税込、送料別)

「絆回廊」大沢在昌、これは新宿鮫シリーズⅩ(10作目)です。一応全部読んでます。キャリア刑事でありながら、一匹狼として、捜査していくという話です。だいたい、新宿という土地柄なのでしょうか、暴力団関係との話が軸になっています。でも、非常にリアリティがある内容でこのように、キャリア刑事とか警察庁とか所轄とか捜査~課とか、そんな用語を知ったり、キャリアと本庁と所轄との関係をリアルに描いた作品に出会ったのはこのシリーズが最初だったような気がします。この主人公もスーパーマン的な人物というわけではなく、頑固に自分の信念を貫いていく刑事です。そこに、恋人のロックミュージシャンや上司の桃井という人物がからんでいきます。新宿鮫は刑事もそうですが、犯人もまた、人間として、ただの悪者というわけではなく、

人間がよく描かれています。また、これを読むと、リアルタイムの新宿の暴力団の様子がよくわかります。ですから、最近の作品では外国の犯罪組織とのからみがよく描かれています。麻薬ビジネスの関係でしょうか?今回は中国とのからみです。新宿鮫も読んで、損はありません。まだ読んでいないのであれば、10冊も読めるので、ラッキーですね。

鮫島、桃井の泣かせるセリフ

「警察官が危険を避けたら、それは警察官ではない」

今回も命をかけて事件に挑みます。必読です。

新宿鮫「絆回廊」を読み終わりました。たいへんなことになってます。

最後は泣けます。次回作が待たれます。

警察小説